お得プラン登場!→食育を目的とした親子2名1組体験プランが2,200円でご予約受付中!《7/21まで》

東京・浅草かっぱ橋のそば打ち体験教室

公式LINE
ご予約
お問合せ
アクセス
マップ
お電話

夕張カレーそば 《北海道》

北海道

北海道名物 夕張カレーそば とは

昭和のはじめ、北海道の炭鉱地でもあった夕張市の地元そば店が、お腹を空かした炭鉱夫に満足して貰おうと、とろみが強いカレールーをかけそばの丼になみなみと盛ったカレーそばを提供した藤の家が発祥とされる。
現在でも、この豚肉とねぎが入ったカレーそばを再現し復刻するそば店が何軒か存在するが、各店嗜好を凝らし、より美味しいカレーそばを提供している。
スープカリーも名物となる北海道ではあるが、カレーそばはさらっとしたスープとは似つかぬ、どろどろのルーをぶっかけるのだが、このとろみがお腹を膨らませ、量に満足と軒並みレビューを重ねている。
関東の鶏だしが効いているチキンカレーとは違い、豚肉を使うことにより甘みが強く脂も濃厚とあって、とろみをつける片栗も相まって、冷めにくい熱々の続く、まさに北海道の寒い冬にぴったりの名物そばである。

夕張炭鉱とは

夕張炭鉱

夕張炭鉱(ゆうばりたんこう)は、北海道夕張市に存在する石狩炭田の一部を形成する炭鉱である。

狭義の意味では、北海道炭礦汽船が開発した夕張炭鉱(1889年 – 1977年)の本鉱を指す。広義の意味では、北海道炭礦汽船が続いて開発を行った周辺の新夕張炭鉱・夕張新炭鉱・平和炭鉱・真谷地炭鉱、夕張市東部地区に三菱鉱業が開発した大夕張炭鉱、南大夕張炭鉱、夕張山地北側の万字炭鉱などを含む炭鉱群をさす。後者は夕張炭田ともいう。

優良な製鉄用コークスの原料炭を産出し、最盛期の1960年代には20前後を数えたが、1970年代以降には度重なるガス爆発や海外炭の普及により競争力を失い閉山に追いやられた。現在でも小規模ではあるが、露天掘り採掘などが行われている

資料:wikipedia

気になる全国のそば

PAGE TOP